本文へスキップ

引越し業者は焦らずに決めよう!

新しい引越し先とご近所様

子供ができて、それでも仕事を続けたかった私は親と同居することにしました。自分の親だし気軽に安心して子供を任せられるからです。それでも年老いた親は最初は喜んでいた初孫の面倒も、体力的にしんどくなったのでしょう、愚痴をこぼすようになり、主人も気を使う、ということもあって同居を解消して近くのアパートに住むことにしました。

引っ越しは近く、ということもあって、友人に軽トラを借りて自分たちだ運ぶことにしました。と言っても、両親の家からは運ぶものは服など細かいものばかりで、後は新しいものを買いました。家具にうるさい主人は引っ越し先の壁紙の色や間取りなどを考慮してからの家具選びで時間がかかり、引っ越ししてからも、ソファー、ベット、食器棚などがない状態でした。そんな主人ですが、物件を決める時はとても早く、気に入ればすぐ契約していました。
海外赴任が決まったら→海外 引越し 料金
子供が通う保育園の近く、スーパーの近く、私の実家の近く、という全ての条件を満たしており、リフォームしたて、ということもあって、初めて見に行った時にすぐ決めました。
引っ越しをして、近所の方に挨拶に行った際はやはり、子供が小さいのでうるさくしてしまうかもしれないことを話しました。アパートには残念ながら、同じぐらいの子供はいなかったのですが、みなさん理解を示してくださり、騒音はお互い様、と言ってくれました。そうして、安心して新生活を始めることができました。